2020年小規模事業者持続化補助金(一般型) 募集要項まとめ

小規模事業者持続化補助金の二次公募がスタートしています。今までは基本的に年1~2回の公募でしたが、今年度から年4回の通年公募となりました。

今回は小規模事業者持続化補助金の募集要項に関する解説記事となります。

注意

  • 本記事は4月30日に開示された申請要項の内容に基づいて執筆していますが、公募内容に変更が生じる可能性もありますので、最終的には公式ページで最新情報を確認してください。
  • できるだけわかりやすくするためにほとんどの方が該当しないと思われることについては詳細な説明を割愛している箇所があります。
  • 本記事では単独申請を想定しています。

この記事はこんな方におすすめです

  • 販売促進に使える補助金を探している方
  • 小規模事業者持続化補助金への応募を考えている方
  • 募集要項を全て読むのは大変なので、まずは要項の全体像を把握したい方

制度概要

小規模持続化補助金ホームページはこちら

補助率・補助上限額

補助対象経費の2/3以内

50万(特定条件に該当する場合は100万円

補助対象者

下記の全ての要件を満たす方が補助対象となります。

  1. 小規模事業者であること
  2. 過去10か月以内の先行締切分で小規模持続化補助金の採択・交付決定を受けていないこと
  3. その他、募集要項に記載の要件を満たしていること

補助対象期間

交付決定日から2021年3月31日(水)まで

補助対象事業

下記の全ての要件を満たす方が補助対象となります。

  1. 販路開拓のための取組みであること
  2. 販路開拓と合わせて行う業務効率化のための取組みであること
  3. 国・県・市区町村などから、重複して補助を受けていないこと
  4. その他、募集要項に記載の要件を満たしていること

補助対象経費

下記の全ての要件を満たす経費が補助対象経費として認められます。

  1. 募集要項に規定された経費項目に該当する経費
  2. 交付決定日以降に契約し、補助対象期間内に支払いを終えた経費
  3. 必要な証憑(見積書・発注書・納品書・請求書・振込証書など)が揃っていること
  4. その他、募集要項に記載の要件を満たしていること

申請期限・申請方法

2020年6月5日

申請方法は、次のいずれかの方法になります。

  1. 補助金申請用WEBサイト「Jグランツ」からのオンライン申請
  2. 申請書など必要書類を郵送で提出

必要書類

  • 小規模事業者持続化補助金事業に係る申請書(様式1-1)
  • 経営計画書兼補助事業計画書①(様式2-1)
  • 補助事業計画書②(様式3-1)
  • 補助金交付申請書(様式5)
  • 電子媒体(CD-R・USB メモリ等)
  • 貸借対照表および損益計算書(直近1期分)※法人の場合
  • 直近の確定申告書(税務署受付印のあるもの) または開業届(税務署受付印のあるもの) ※個人事業主の場合
  • その他、審査で加点を希望する場合に必要な各種書類

交付決定までの期間

受付期限から1か月程度と予想されます

次のページへ >

-小規模事業者持続化補助金, 補助金・助成金
-

Copyright© rmcoffice , 2021 All Rights Reserved.

//Contact Form 7 コンバージョン設定 // 参考URL https://ga-tips.jp/settei/conversion/contactform7-conversion.html