電子申請システム「GBizIDプライム」のアカウント作成方法(2020年12月26日更新)

ものづくり補助金や小規模企業持続化補助金、Japanブランドなど、多くの定番補助金の申請方法が大幅に変わるそうです。

今までは、ミラサポなどから一部電子申請には対応していましたが、基本的には紙媒体による申請でした。

今年から「jGrants」という電子申請システムで申請するように変更されました。

 

「GBizID」とは?

GBizIDとは、行政の各種電子申請サービスを利用するための共通アカウントです。

gBizIDポータルサイト

 

現在、以下のサービスが利用可能となっています。

 

gBizIDを用いた行政サービス一覧(2020年12月26日時点)

  • jGrants・・・補助金申請
  • 社会保険手続きの電子申請
  • 保安ネット・・・産業保安・製品安全分野の一部手続き
  • 農林水産省共通申請サービス
  • ミラサポplus・・・中小企業向け補助金、支援サイト
  • 省エネ法定期報告書情報提供システム
  • 鉱業原簿登録更新サイト
  • 令和元年度補正事業承継補助金
  • 経営力向上計画申請プラットフォーム
  • IT導入補助金2020
  • 情報処理支援機関【スマートSMEサポーター】認定制度
  • 認定経営革新等支援機関電子申請システム
  • 食品衛生申請等システム
  • DX推進ポータル
  • TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)・・・オンライン上でPCR等検査可能な医療機関を検索・予約できるサービス
  • e-Gov・・・行政情報の総合的な検索・案内サービス、各府省に対するオンライン申請・届出等の手続

 

gBizIDのアカウントを取得しておくことで、これまで窓口や郵送で行っていた行政手続きを全てインターネット経由で行うことができるようになります。

今後、国の補助金はjGrantsによる電子申請がスタンダードになります。

 

gBizIDには、

  • gBizIDプライム
  • gBizIDメンバー
  • gBizIDエントリー

の3種のアカウントがありますが、jGrantsを利用できるアカウントは「gBizIDプライム」のみですので、

取得すべきアカウントは「gBizIDプライム」になります。

 

「gBizIDプライム」のアカウント作成方法

「gBizIDプライム」のアカウントを作成するためには、

  1. gBizIDポータルサイトにアクセスし、オンラインで申請書を作成
  2. 申請書を印刷・捺印し、添付書類を添えて事務局へ郵送

する必要があります。

 

アカウント作成に関する詳しい情報はgBizIDポータルサイトにあるマニュアルを参照するのがおすすめです。

 

 

なお、登録には次のような情報が必要になりますので、あらかじめ準備しておきましょう。

【基本情報】

  • 法人番号(13桁)
  • 法人名/屋号(法人番号から自動入力されます)
  • 所在地(法人番号から自動入力されます)
  • 代表者名
  • 代表者生年月日

 

【アカウント利用者情報】

  • 利用者氏名
  • 利用者生年月日
  • 利用者郵便番号
  • アカウントID(メールアドレス)
  • SMS受信用電話番号

 

必要情報を登録すると、申請書をダウンロードできるようになります。

 

「gBizIDプライム」の書類申請

ダウンロードした申請書を印刷して、実印を押印してGビズID運用センターに郵送します。

なお、印鑑証明書を添付する必要があります。

送付先がどこにも書かれていないなと思ったら、マニュアルのほうに書かれていました。

【送付先】

〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島3-1-21 NTTデータ堂島ビル16階
経済産業省 GビズID運用センター宛

 

その後

申請書類に不備がなければ、原則2週間以内に事務局からメールが来ますので、記載されているURLをクリックし、パスワードを入力するとアカウントの正式登録完了です。

 

 

 

 

-補助金・助成金
-, ,

Copyright© rmcoffice , 2021 All Rights Reserved.

//Contact Form 7 コンバージョン設定 // 参考URL https://ga-tips.jp/settei/conversion/contactform7-conversion.html