CimFAXの導入設置から、使用感まで

こんにちは。

 

前の記事で、いろいろ検討を重ねた結果、CimFAXをというFAXサーバーがとても良かった」という内容の記事を書きました。

 

新しいFAXを探して色々調べてみた結果、すごいFAXに巡り合えた話

  こんにちは。   事務所の複合機が壊れました。   印刷はカラーレーザープリンター、ス ...

続きを見る

 

今回はCimFAXの導入設置・初期設定・使用感などについてご紹介したいと思います。

 

開封から設置まで

まずは機器(ハードウェア)の設置を行います。

届いた箱はこんな感じ

 

箱を開けると、

 

内容物は、

  • CimFAX本体
  • 電源アダプター
  • 電話線
  • LANケーブル
  • 取扱説明書
  • インストールメディア(DVD)

です。

 

設置も簡単でした。3つの線をつなぐだけです。

  • 電話回線をCimFAXの「LINE」に接続
  • LANケーブルを「LAN」に接続
  • 電源を「PWR」に接続

ちなみに当社の環境だと、

  • ひかり電話ルーター(NTT製:RV-440NE)の「電話機1」 → CimFAXの「LINE」に接続
  • ひかり電話ルーター(NTT製:RV-440NE)の「電話機2」 → 電話機に接続
  • ひかり電話ルーター(NTT製:RV-440NE)の「LAN1」 → CimFAXの「LAN」に接続
  • 電源ケーブルをCimFAXの「PWR」に接続

という感じです。

 

設置後はこんな感じ。ほとんど場所をとりません。

 

CimFAXのインストール

次にソフトウェアの設定を行います。

ユーティリティソフトをダウンロード

製品にDVDが付属していますが、最新版をインストールするため公式サイトからダウンロードします。

サイトトップから「サービス&ダウンロード」→「ダウンロードセンター」へ進みます。

使用するOSを選択して、「CimFAXをダウンロード」をクリック。

 

ファイルを解凍して、EXEファイルを実行します。

 

EXEファイルをクリックすると、

 

こんな画面が出ますが、「詳細情報」→「実行」で次に進みます。

 

言語を選択します。日本語でインストールする場合は「Japanese」でOKです。

セットアップウィザードが始まります。「次へ」を選択します。

 

インストール先を選択します。特にこだわりがなければそのまま変更せずに「次へ」をクリック

 

スタートメニューへの登録。これもそのまま「次へ」でOK

 

下記の画面が出たら、インストール成功です。

 

CimFAXの初期設定

スタートメニューからCimFAXを起動します。

 

「ファイアーウォールが出る場合、通過させてください。」というメッセージがポップアップされますが、そのままOKをクリックします。

 

 

警告が出ますが、「アクセスを許可する」をクリックします。

 

ネットワーク内につながれているCimFAXが表示されます。

 

表示されているCimFAXを選択して「はい」をクリックすると下のCimFAXが起動します。

 

 

CimFAXの環境設定

FAX情報の登録

CimFAXの「サーバー管理」→「FAXの詳細設定」を選択します。

 

FAXの詳細設定のウインドウが表示されます。

設定するのは下記の3つです。

  • 会社名
  • ファックス番号
  • CSID

 

以上で環境設定は完了です。

 

FAXの送信


 

 

FAXの受信

次は正しくFAXが受信できるかどうか確認しましょう。

確認方法は、

などで自社宛にFAXしましょう。

インターネットサービス(無料)はトライアル期間がありますので、無料登録してトライアル期間中にFAXの送受信確認すればOK

 

FAXが届くと、ウインドウ左側の「ファックスフォルダ」→「共有ファックス」→「受信箱」に新着FAXが届いています。

新着メールのようなイメージですね。

 

右下の枠に受信したFAX画像が表示されます。

 

終わりに

特にトラブルなくFAXの送受信を行うことができ、想像以上に簡単でした。

 

良かった点

  • 複合機が不要になりました
  • FAXを置く場所を確保しなくてよくなりました
  • FAXに関しては完全にペーパレスになりました
  • Emailで受信できるので外出先でFAXを確認できるようになりました
  • PDFだけでなく、ワード、エクセル形式のまま送れるのもうれしいです(いちいちPDF化しなくていい)
  • インターネットFAXのようなランニングコストが掛からない(めったに使わないFAXのために月額料金を支払うのはバカバカしい)

 

 

画像ファイル(jpg,gif,pngなど)のまま送ることも可能ですが、あまり使う機会はないかも

紙からFAXしなくてはいけない場合は、いったんスキャナでPDF化して送信する必要があるので、これだけはひと手間かかります

 

CimFAXの導入を検討している方が、購入前に導入イメージをイメージしていただけたら幸いです。

-IT, 業務効率化
-, ,

Copyright© rmcoffice , 2021 All Rights Reserved.

//Contact Form 7 コンバージョン設定 // 参考URL https://ga-tips.jp/settei/conversion/contactform7-conversion.html